2017年05月12日

瀬戸内 行きあたりばったりGW2017 その6

いよいよ帰途につく。
山口から大阪へ。
渋滞にはまりながらも・・・・・
しかしトンネル火災や、横転事故、玉突き事故など多い。

みなさん、車間距離はとりましょうね。
偶然や行き当たりばったり・・・・
綿密に計画を立てても、渋滞や疲労でその通りに行けないこともあり得る。
しかしほとんど計画を立てない旅行も、無から何かを作り出していくみたいで、得をした気分だ。
帰宅は深夜AM3時頃。
まだGWは終わっていないが・・・・そろそろ現実にならなければ・・・・





posted by asti at 01:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瀬戸内 行きあたりばったりGW2017 その5

5月5日(金)
旅行最終日・・・・・
まだまだ行き当たりばったりは続く・・・・・

T 防府町めぐり
・教会 
まず、防府という町の予備知識が全くないままであった。
九州へ行くときの通り道にしか過ぎなかった。
ホテルの隣が、カトリック教会。とてもレトロだ。
お世辞にも、敬虔なカトリック信者とは言えない私であるが、教会の建物は大好きである。
守護神は聖ミカエル。60年ほど前に建てられたらしい。
ここは広島教区。
やはり、聖なる気持ちになりに行く。ひとしきりの静寂。
IMG_2900[1].JPG

 IMG_2910[1].JPG

・最古の天満宮
教会の次は、天満宮。
ここは日本。宗教何でも来いだ。
ここは単なる観光の一環で 
先ほどの教会とは異なり、賑やかである。
最古の天満宮。三大天満宮の一つである。京都の北野、福岡の太宰府、そしてここ防府。
大阪天満宮は入っていないらしい。
IMG_2920[1].JPG
防府は、波瀾万丈、山頭火の出生の地である。
ここは、塩田でも有名で、三田尻塩田という。
昔は、防府駅ではなく、三田尻駅と言ったらしい。(昨夜のママさんの受け売り。)
そろそろ防府はあとにして帰途につかなければ・・・・・

U 岩国寄り道
・錦帯橋
 ここは予備知識たっぷり、何度か行ったことがある。
しかし、ここはGW、渋滞だ。
 昨日の角島大橋が、東洋のフロリダ、キーウェストならば、ここは純日本風の橋。
桜の頃や紅葉の頃には素晴らしいだろうな。
ここも、渋滞。
写真だけとる。
 
 IMG_2926[1].JPG

コンビニにて、獺祭ぷっちょを発見。
スーパー日本酒の獺祭か・・・・・・
住所を見ると・・・・えっ?何と岩国!
今まで全く知らなかった・・・・
行くしかない。
周東町獺越へ・・・・・

IMG_2935[1].JPG

・獺祭の里
これも偶然の行き当たりばったり。
獺祭の酒蔵かショップが、住所通り行けばあるだろう。
岩国市と言ってもとても広い。
もう広島県境まで来ていたのであるが、後戻りする形だ。
どんどん山の中に入っていく。
途中、獺祭の倉庫や集配所のような建物がいくつかあった。
獺祭・・・・・以前人からもらって、少しだけ飲んでみた日本酒。
飲みやすく、さっぱりしている。何よりもこのネーミング・・・・
住所の獺越から来ているのか・・・・
つまりかわうそ。
川っぺりにあるおしゃれなショップへ。
https://www.asahishuzo.ne.jp/products/items/item.html
そこで、dassai39というものを数本、スパークリングを1本買う。

IMG_2929[1].JPG

IMG_2928[1].JPG
posted by asti at 01:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

瀬戸内 行きあたりばったりGW2017 その4

5月4日(木)
・食事編
遅く防府についたので、(防府アパホテル)
周りは真っ暗だ。
でもまだ8時半。

都会では考えられないが、9時がラストオーダーらしく。
とりあえず、駅前のアンコーラという店に入るが、全くコストパフォーマンスが良くない。
夫はしつこく「あそこは良くない」と言っている。
まあこれも大人げないが。

防府は、天満宮が有名らしい。
ここは山頭火の出身地。
アパホテルの隣は、カトリック教会。
それだけの知識を得る。

イタリアンだけでは不満なので、ママさんが一人でやっているようなおばんざい屋さんに入る。「紅」
ママさんから、防府や山口県全体の知識を得る。
そこで夫も気を取り直し、ほっこりとしたような気分になるが。

IMG_2921[1].JPG




posted by asti at 00:05| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする