2015年04月30日

ナポリより、ポジターノ・アマルフィーへ

4月15日(水)
後半戦の始まりだ。
フィレンツェから、Freccia Rossaに乗り、ナポリへ。
途中ローマに停車する。(ローマは最後に行くことになっている)
個人旅行でははじめて行くナポリだ。

ナポリへ降り立つ。
今までとは全く違う空気だ。
ミラノ、フィレンツェは何とおとなしいのだろう。
「喧噪」と言う言葉はナポリのためにある。
駅前Hertzでレンタカーを借りるのであるが、まあトラブル続きだ。
まあナポリなんかで運転すること自体がヘンなのだ。

アウトストラダまで行くのが命がけ。
とりあえず、ソレント、サレルノを目指す。
かの有名な、ポジターノ。景色はいいのだけれど、道が狭くドライビングテクニックは
日本人にはハードルが高い。
紺碧の海と、また紺碧の空。山肌にへばりつくように建つ色とりどりの建物。
それと悪路とその上両サイドの不法駐車に泣かされながら進む。
それがイタリアというものだろう。
それが南イタリアというものなのだろう。
無秩序のくせに風景はものすごく美しい。

ホテルにチェックインできていなかったので、スーツケースを載せたままのドライブだ。
車を返却しようとすると、カーナビは駅ではなく空港へ向かう。
空港返却でOKとのこと。
今日は、民宿、ナポリB&B。
本当に民宿であった。
レトロビル。中は改装してあるが、鍵を3本も渡され、複雑であった。

夕食は、マルゲリータピザの発祥の地、「ブランディ」が民宿の近くにあった。
もちろん、マルゲリータと魚料理。
ワイン。

昼・・・特になし
夕食・・ピザ・ブランディ




posted by asti at 19:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィレンツェより小旅行

DSCN2458.JPG
4月14日(火)
本を出て6日目になる。
今日はフィレンツェ郊外ドライブ。
ドライブ前に、昨日閉店していたサンタマリア・ノヴェッラ薬局へ行き、ソープを買い込む。
レトロビルの中なのに、聖堂という雰囲気だ。

ピサ、シエナ、サンジミニャーノ・・・・いろいろ考えたが、是非行ってみたかったのは、アドリア海に面するラヴェンナ。
初期キリスト教のモザイク壁画があるところだ。
カーナビを「神社仏閣」「サンヴィターレ教会」にセットして、アウトストラダを走らせる。
今回は、Fiat マニュアル車、中古車。
サンヴィターレ教会とその付属施設。
きらびやかな上にも素朴なモザイク壁画に見入ってしまう。
しかし、最後に心を打たれたのは、モザイクはなかったが(時代が異なるのだろう。)Doumo
地下納骨堂のライトアップが謎めいていた。

それからアドリア海を見に行き、一路フィレンツェへ。
夕食は、フィレンツェ風ステーキを。

教会  ラヴェンナ サンヴィターレ教会
    その付属施設
    Doumo及び洗礼堂

食事  昼  ラヴェンナ カフェモザイク
    夕食 フィレンツェMSN駅近く、「ライオンの洞窟」

posted by asti at 19:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

イタリア フィレンツェ 4月13日 

4月13日(月)
ミラノ中央駅。
迫り来るEXPOのために改装中である。
しかし威風堂々とした駅である。
そこから特急電車、Freccia Rossaに乗り、フィレンツェへ向かう。

いやにトンネルが多い、途中 ボローニャ駅に停車したが、地下駅であった。
昼にフィレンツェ・SMN駅着。
ミラノ、ローマは8年ぶりであるが、フィレンツェは11年ぶりである。

郊外のこれもまた、ヒルトン、フローレンスメトリポールホテルにチェックインし、
シャトルバスに乗り、町中へ。

11年ぶり。
ピザ屋へ行き、メディチ家礼拝堂、ドウオモへ行くが、入場できない。(早く閉まる)
しかし、ジオットの鐘楼に昇り、ドウオモの丸屋根と同等の高さへ到達する。
しかし足が棒のようだ。
足で、シニョーリア広場、ポンテヴェッキオ、王宮、サントスピルト教会等、入れないところが多かったが、
フィレンツェの町を散策。
夜もピザ屋、Ciroへ。

教会
外観・・・・ サンタマリア・ノベッラ教会。
       ドウオモ
       サントスピルト教会
内部とも・・・サンタマリア・ノベッラ教会小聖堂
       メディチ家礼拝堂 
昼食・・・・・ピザ
       Ciro(これもピザ)
posted by asti at 20:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする