2010年07月21日

私にとってベトナムとは?東南アジアとは?

 私にとってのベトナムとは・・・・・
バイクの洪水、戦争、ホー・チ・ミン氏、世界遺産ハロン湾、アオザイ、すげ笠、天秤棒、生春巻、ベトナムプリン、ベトナムコーヒー、バッチャンの陶器と牛車、素朴、農業国、原風景、フランスパン、フランス領、フレンチコロニアル、オペラ座、などなど・・・・混沌としたイメージが頭の中を旋回する。しかしまだハノイだけではこの国を語れないのかもしれない。旧サイゴン(ホーチミン市)、フエ、ダナン、ニャチャンなども体験しなければ・・・・
 私にとっての他の東南アジアは、タイ、シンガポール、マレーシア、バリ島など複数回訪れている。・・・・・それぞれが個性的でとても楽しい。政治・経済・宗教などそれぞれいろいろあるみたいだが、どこも魅力的である。元気、発展性、素朴な人間性、個性的な芸術と食べ物、しかし食わず嫌いの人も多いことは確かだ。汚い、貧しい、怪しい、悪臭・・・・しかしそれらもひっくるめて何度でも足を運びたくなる。次はどこに行こうか?
                           (ハノイ大聖堂)

IMG_4332.JPG
blogram投票ボタン

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
TREview





クリック証券
ラベル:アジア旅行
posted by asti at 01:22| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アジア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

ベトナム旅行の思い出

 4月のヨーロッパ旅行前にこのブログを立ち上げたが、元来の気まぐれ性格と6〜7月の多忙に紛れて全く更新が止まってしまっている。しかしやりたいことはいっぱい、書きたいことはいっぱい・・・・・・今頃1月のことを書くのもおかしいが、(a日記で少し書いている。)
写真の整理もかねて書いてみよう。

 2010年1月3日(日)初ベトナムへ
 初めてのベトナムへ。タイかマレーシアのような気候を予想していたら、見事にはずれた。日本ほど寒くはないが、香港か台湾くらいの服装でないと・・・・・長袖が当たり前である。3泊5日のハノイツァー旅行。しかし、JALの関空発はもうすぐ廃止になるとか・・・・
宿泊は、オペラ座隣のヒルトン・ハノイオペラホテル。
IMG_4367.JPG

 
 1月4日(月)
ガイド付き市内観光へ。まずはバイクの洪水に驚く。予想はしていたけれども思ったよりもひどすぎる。信号もないのにどうやって横断するのか?しかし湖が多く、しっとりとした街ではある。
IMG_4277.JPG

IMG_4329.JPG

 ホー・チ・ミン廟、一柱寺、ホー・チ・ミンの家、文廟などの歴史的遺産を訪ねる。私たちの子供の頃は戦争=ベトナム戦争だ。バイクの洪水以外はなんとなく静かで落ち着いた街。フレンチコロニアルな建物が多い街。首都らしくない街という感じだ。行ったことはないが、おそらく旧サイゴン(ホー・チ・ミン市)の方が首都っぽいのだろうな。
 フレンチコロニアルなレストラン、シーズンオブ・ハノイで昼食を食べ、隣町のバッチャン村へ。陶器の街である。なんとなく日本的な繊細な赤絵の小皿としょうゆ入れを買う。特記すべきは、生まれた初めて牛車に乗ったこと。「牛歩」という言葉があるくらい歩みが遅い。

 ハノイへ帰ってからは水上人形劇へ。ベトナム料理店などで飾ってあるのを見ていたので、はじめて見た気はしないが、このIT時代にあってかなり素朴だ。
夕食はやはりフレンチヴィラの「ワイルドライス」へ。夜遊びは、中心部のホアンキエム湖を歩き回り、その後「クラブ・オペラ」でワインを飲む。
IMG_4347.JPG


 1月5日(火)
 世界遺産、ハロン湾へ。朝早くにハノイを出て約180キロ、3時間ほどの小旅行である。中国風の木製の船に乗り、ハロン湾クルーズへ。船にバナナ売りの子供がやってくるのには驚く。しかしアジアでは、至るたるところにある光景だ。
想像したとおり、エメラルド色と墨絵の風景だ。船上の食事では、ダラット産のワインを飲む。
IMG_4381.JPG

今日の夕食は、フレンチ。プレスクラブで・・・・ここもフレンチコロニアルな建物である。

 1月6日(水)
 もうそろそろ日本では仕事が始まっている。国際携帯であるから、日本から電話がかかったりする。帰る時間までフリータイム。ドンスアン市場まで行ってみる。ホー・チ・ミンでは、ベンタイン市場が有名だそうだが、ハノイではここ。アジアによくある雑多なものを並べていて、値段交渉に応じるというタイプの市場だ。ここは繊維ものが多い気がする。ベトナム風提灯を買ってみる。
IMG_4413.JPG

 帰国までの時間、食事をしたり湖の周りを散策したり・・・・ベトナム流道路横断法にも少し慣れてきた。つまり、走らず、よけず・・・・・普通に歩いて渡ればバイクの方がうまくよけてくれる・・・・・・しかし危険なことには変わりがない。中国やタイに比べればなんだか中途半端な国といった感じもしないでもないが・・・・盛りだくさんのあっという間の4日間であった。
IMG_4404.JPG


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
ラベル:海外旅行
posted by asti at 03:40| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アジア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする